中部財界連載コラム-クルマ事情

CCMCメンバーのK氏が中部財界社より出版の『中部財界』に『クルマ事情』と題した記事を連載しています。その題名の通り、クルマに関して毎月様々な情報や感想が述べられています。是時ご一読下さい。


中部財界 7月号掲載 クルマ事情
 フェラーリF430
 街乗り出来るスタンダードな車になった

フェラーリF430。
モデナ360の後継車として、2004年に欧州モデルが発表された。パワーも360に比べ90馬力アップされている。トルクも47・4㎏/mと9・4㎏/mも高められている。

しかし発売された当初、わたしには感激がなかった。  理由はそのスタイリングにあった。  フェラーリのシンボルの丸いテールランプが小さくなり、違和感があったのだ。

パワーが90馬力増えたからどうなんだ、という声も耳にした。モデナでも400馬力、360チャレンジストラダーレでも425馬力あったのでそれで十分であろうと感じていた。

当時はハイパワー現象でスポーツカーなら500馬力以上が当たりまえの時代であった。  しかし、本当にこのクルマをコントロールすることが出来るのか?
360でも十分ではないかと感じていた。

それは、ハイパワーで馬力が大きければいいという時代にしろ、それを使うことができなければ意味がないと思ったからだ。  結果を先に書いておくが、馬力があってもそれだけの暴力的な加速ではなく、非常にマイルドな味付けのハイパワーだと理解できた。

旧型との大きな違いはエンジンの音質である。
モデナまではファラーリ独特のかん高い音質が体感できた。アクセルを踏み込めば車内にいても、何とも言えない官能的な音質があった。
430になってからは、いまひとつ、昔のフェラーリを知り尽くしている方々には何か物足りなさを感じられたはずだ。これはエンジンの機構と、タイミングベルトの大きな変更があったから致し方ないのである。室内においてのエンジン音も360と比較すると非常に静かで乗用車みたいな感覚であった。

また時代とともに電子デバイスも付加されて誰でもが乗れるスポーツカーに変化していったのである。一言でいえば360モデナまでは、操るという感覚でドライブをしなければならなかった。クルマの重さもモデナの方が軽く感じられたはずである。

外観の変化は、車高が高く見えるのと、フロントライトまわりの変更、さらにテールランプのデザインの変更ぐらいで、全体的にはあまり変わっていない。

この時期になって本当にある程度価格もこなれ、スポーツカーとしては一級品となり、エアコンも十分機能する、ゆっくり走ってもストレスを感じないというクルマになったのではないか。つまりは無難なスポーツカーという事である。

(CCMC所属 K)