走行会開催予定

服装・装備・準備

  1. 走行の際は、ヘルメット(アゴヒモ確認)、グローブ(指が完全に覆われているもの)、シートベルトを必ず着用して下さい。
  2. 服装は動きやすい長袖、長ズボンで、靴はドライビングシューズもしくは運転しやすいものを着用して下さい。
  3. ネックレス、指輪等のアクセサリーは、はずして下さい。 室内の備品は撤去し、ドライバー側のウインドは閉めて走行して下さい。 タイヤ(空気圧、増し締め)、オイル(量、ドレンボルト)、ブレーキ、冷却水、ランプ類のテーピング等、走行前後に確認して下さい。
  4. 脱着式の牽引フックの場合は、走行中も車両に搭載しておいて下さい。また各自牽引フックの場所を事前に確認して下さい。
  5. 各自の車両のゼッケンをご記憶下さい。
  6. 車両に異常が発生した場合のピットイン指示は、ピット前のプラットホームより、ゼッケンとフラッグにて行われます。
  7. 計測を行っている場合、貸し出した計測器は走行会終了次第速やかに受付にご返却下さい。
  8. 計測器を紛失破損した場合は実費でご負担して頂きます。

フリー走行時のルールとマナー

  1. 主要ポストから出されるフラッグ(コーションランプ)を厳守して下さい。
    イエローフラッグ<注意合図> 前方に危険あり、危険箇所通過まで追越禁止、減速
    レッドフラッグ<走行中止合図> 走行中断、ピットに戻る、追越禁止、減速、徐行運転
    チェッカーフラッグ<走行終了> 次周ピットインに、追越禁止、減速、クールダウン
  2. ピットレーンは、60km/h以下で走行し、横断者に十分注意してください。
  3. 慣熟走行は追い越し禁止です。
  4. 慣熟走行時以外の同乗走行は厳禁です。
  5. フリー走行時間帯では、指定車両又は指定運転者以外の同乗走行は、一切禁止です。
  6. コースイン直後の1周は、車両、コースのチェックを行って下さい。特にタイヤ温度が低いのでご注意下さい。
  7. コースインしたら第2コーナーが終わるまでは、右側走行をして下さい。
  8. ピットインする際は、130R立ち上がりから合図を出し、右側を走行して下さい。
  9. ストレートでの追い越しは、コースインする車両に注意して下さい。また、コーナーでの追い越しは余裕をもって十分に注意を払って下さい。
  10. ストレートでは追い越し以外の進路変更は、ご遠慮下さい。
  11. ドリフト走行及び、他の車両に危険が及ぶ走行(コース上での故意な停止、急な減速等)は一切禁止です。
  12. 車両に異常を感じたら、早めにピットインして確認して下さい。
  13. 走行中、スピン、ストップした場合、可能な範囲で再スタートを試みて下さい。再スタートが無理な場合は、エンジンを止め、鍵をつけたまま、速やかに車から離れ、ヘルメットを被ったままコース外(ガードレール裏もしくはタイヤバリア裏へ)に退避してください。コース横断、コース脇での車両整備は、一切禁止です。
  14. クラッシュした場合、ご自身の体に負傷がないかをご確認下さい。その後、車両が走行できる状態であれば、車両を安全な位置へ移動してください。無理にピットへ戻る必要はありません。特にクラッシュ後は液体漏れの可能性があり、コースにオイル等が流れ、他の車両の走行に影響を及ぼす危険性があります。
  15. やむなくコース内で停車する場合、コース上ではなく安全なグリーン上(芝生部分等)に車を停めて下さい。
  16. 車両の回収、オイル清掃等の時間も走行時間に含まれます。
  17. クラッシュにて施設破損があった場合、走行者のご負担となりますので、十分にご注意下さい。また走行車両同士の事故は当事者の自己責任となります。

パドック・ピット内でのルールとマナー

  1. ピット・パドックエリア内は火気厳禁です。 喫煙はパドック内の喫煙所でお願い申し上げます。
  2. ピットには、数に限りがあります。譲り合ってご使用下さい。また車両の出入りも各ピット内で譲りあって下さい。
  3. ピット、パドックにおいてのお荷物の管理は、各自で行って下さい。盗難には十分ご注意下さい。
  4. サインボードエリア(プラットホーム)で見学の際は、日傘等、コースに飛ぶ危険性のあるものを使用しないで下さい。
  5. 16歳未満の方は、ピットレーン、サインボードエリア(プラットホーム)への立ち入りは禁止です。
  6. 小さなお子様をお連れのお客様は、お子様から目を離さないよう十分にご注意下さい。
  7. ペットは持込み禁止です。(盲導犬、介助犬は除く)

※ 見学者の方々に関しましては、走行会参加者さまから上記事項を厳守していただくようご注意いただきますようお願い申し上げます。

コースイン